『Secure Base 』とは、「こころの安全基地」の意


「こころの安全基地」とは、親や親的存在の養育者が子どもに提供する心地よい安定や保護などを保証した環境を意味し、子どもは母親などの養育者を安全基地のように感じられるようになると、好奇心が外の世界に向けられるようになり、外の世界を探求することができるようになります。

 

でも外の世界はおもしろいものだけではありません。

怖いものや嫌なこと、自分の思い通りにならなくて傷つくことも、予期せぬ辛いことだって起こります。

そんな時、何か危険信号を感じた時に、この安全基地に戻り、危険が過ぎるとまた外の世界に向け探検に出かける。

 

この安全基地は、

 どんな状況であっても戻ってきた時には歓迎され、体にも心にも栄養が与えられる・・・

 もし苦しんでいたら安らぎが、もし恐怖を感じていたら安心が、与えられる・・・

 あるべきところにあって、求めたものに応答してもらえる・・・

 そして必要な時にしか積極的に介入してこない・・・   そんな場です。

 

必要に迫られた時に心のよりどころとなる「心の安全基地」を持つことによって、辛い境遇や危険を乗り越えていくことができるようになると言われています。

 

Secure Base ここ もそんな心の安全基地のように、生きることに疲れてしまったり、生きる目的を失ってしまったり、傷ついてどうしようもなくなったり、何かはわからないけれど何かが足りなくて、人生に迷った時に利用できる場、心身ともにエネルギーチャージができて、また日常生活に戻っていける場、そんな場を作っていきたいと思い Secure Base としました。

『ここ』は、

「こころ」 の ❝ここ❞  ✖  「今、ここ」 の ❝ここ❞


日常に追われ意外と後回しにされがちな「こころ」、目に見えないだけに不始末にされがちな「こころ」ですが、私たちの言動だけでなく、人間関係、更には生き方にまで影響を与えています。

 

目先の言動を何とかしようとするよりも、個々の司令塔でもある「こころ」へ意識を向け、何を大事にどう生きたいのか、その声を大事にした方が意外とシンプルに答えが見つかり、実現させていくことも可能なものです。

そんな実は大切な「こころ」との対話を大切に向き合える場でありたい・・・

 

そして「過去と他人は変えることができないが、自分と未来は変えることができる」とも言われるように、過去でもなく未来でもない「今、ここ」での気づきや体験から広がる可能性は∞です。

 

そんな「今、ここ」を大切に育める場でありたい・・・

 

そんな思いから「こころ」の「ここ」と「今、ここ」の「ここ」をかけ、「ここ」としました。

『Secure Base ここ』 の願い


『心からの笑顔』が溢れる社会を目指し、

「100歳になっても夢を思い描ける生き方づくり」と「それを実現していけるネットワークづくり」に貢献したく、

 2015年 Secure Base ここ は歩み始めました。

 

そんな未来を目指し ”ここ” では、

 ・「安心して自分に向き合える場」

 ・「心身ともに自分を生きるためのエネルギーチャージができる場」

 ・「自分の未来に向かって羽ばたいていける場」

 

そんな心の安全基地となれることを目指しています。

” 今、ここ ” から広がる可能性を信じ、” 心の笑顔 ” の輪が広がっていくことを願っています。