20代頃までの私は・・・


「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」心理学者エリック・バーンの言葉です。

頭ではわかるような気もします。

でも「自分を変えることができる」「人は変われる力がある」といわれても、そう簡単にいくことじゃない!簡単に変われたらこんな苦労はしない!こんな苦しくなんてならない!そう思いませんか?

 

何でいつも自分はこうなんだ・・・できる人はいるかもしれないけれど自分には無理だ・・・自分のこんな性格変わるはずがない・・・なんて思ったりもして・・・

だから余計に苦しくなったり、何もする気になれなかったり、見ないようにしてみたり・・・それを繰り返しているうちに、落ち込み度も大きくなって、自己嫌悪も強くなって、自暴自棄になったりもして・・・

 

こんなはずじゃないのに!こんなことを望んでいるんじゃないのに!って・・・何とかしようとするのに上手くいかなくて・・・でもまた同じようなことが起こって同じようなパターンをたどる・・・そして結局自分はこうなんだ・・・というところに落ち着くけど苦しい・・・。

 

そしてうつ病が発症・・・仕事も休職せざるを得ない状況に陥りました。

これじゃいけない、これじゃいけない、と頑張って頑張って何度となく復職にトライしましたが、ことごとく失敗・・・うつ病は悪化の一途をたどるばかりでした。

 

何でこうなってしまうのかわからず、当時の私はお手上げ状態でした。

こんな世界・・・ こんな社会・・・ 生きてたってしょうがない・・・ どうせこんな自分なんて何やってもダメなんだし、人との関係も上手くいかないし、何のために生きているかわからないし、幸せなんてあるわけない! そう信じて疑いもしませんでした。

 

20代頃までの私はこんな感じでした。

今より 楽に ???


でも・・・「自分と未来は変えられる」は本当みたいです。

今まで自分が生きてくる中で必要としていたものでも、今の自分には必要ないものもあります。それを手放すことで今が生きやすくなる。

 

過去のしがらみ、囚われが今の自分の生きるを邪魔していることもあります。そこから自分を解放していくことで今が生きやすくなる。

 

そして今の自分に本当に必要なものだけを残していく・・・それが楽になっていくということ・・・手放したり、解放したところに、今の自分に必要なものを新たに取り込んでいく、それが自分が変わるということ・・・そんな気がしています。

 

でもどうやって??その手法・・・あるんです(^^)。”ここ”に!

最初は信じていなかった私ですが、自分の変化に今ではおススメできるまでになりました。

もともとその力はあなたの中にあるのです・・・といっても、これも信じていなかった私です(^。^;)

 

ただ・・・「手放す」「自分を解放する」といっても、今まで自分を守るために目を背けてきたところへ目を向けていくことになるので、一時的に苦しくなることもあります。でもそれはあくまで楽になる、なりたい自分に変わっていくための過程の中の苦しさです。

 

だから「あきらめなければ・・・」ということだけは必須条件になってきますが、あきらめさえしなければ楽になっていくことができるのです。そして楽になれることで心に少しずつ新しい自分を取り込んでいける余裕が出てきます。そうすると、自然となりたい自分へと変わっていくことができるのです。

 

まずは、楽にいられる自分を目指してみませんか?

今より 楽しく ???


みなさんはどんな制限を自分にかけていますか?

 

自分にはそんなことできるはずがない・・・

自分だけが楽しんじゃいけない・・・

やるべきことをやってからでないと、楽しんではいけない・・・

〇〇しなければ・・・〇〇でなければならない・・・

 

 こんな制限がかかっていたら楽しめないですよね・・・?

どうせやるなら楽しくやろう!と思ってやり始めてもだんだん苦しくなるだけですよね・・・?

私がそうでした (^。^;)

 

最近思うこと・・・それは、楽しいってワクワクしたりすることだけじゃなく、

 思いっきり駄々をこねてみたり・・・   思いっきり腹を立ててみたり・・・   思いっきり悔しんだり・・・

 思いっきり悲しんだり・・・   思いっきり怖がってみたり・・・

そういうのも含まれるかも・・・ありのままの自分の感情を受け入いくことなのかも・・・ということ。

 

というのも、人の感情には本物と偽物とがあります。

(どちらも自分の感情に変わりはないですが、わかりやすいように便宜上、分けられているだけなんですけどね💡)

 

本物の感情と言われているのは「怒り」「悲しみ」「恐れ」「喜び」の4つ。

それ以外は偽物の感情と言われています。本物の感情には役割があります。

 「怒り」は、問題を解決する時に必要な感情で、生きるために必要な感情です。

 「悲しみ」は、過去の出来事と決別する時に必要な感情です。

 「恐れ」は、未来に起こりうる危険を回避する、その危険に備えるために必要な感情で、命を守るための感情です。

 「喜び」は、幸せを感じるために必要な感情です。

 

人の感情・・・良くできていますよね。

人は、この本物の感情をもともと持って生まれてきます。いろんなことを乗り越えていけるように生きる術を持って生まれてきているのです。本物の感情が生きる力そのものでもあるように思えます。

だから自分の本当に目を向けていくこと、そしてその中の本物の感情を見つけて受け入れていくことが自分の人生を楽しんでいくための近道にもなるような気がしています。

 

感情について学んでみると「そうか!」と思うのですが、なかなか上手くいかない・・・

簡単なようで、そう簡単にはいかないものです。感情を受け入れるどころか、本物の感情がわからない・・・。苦しいことや嫌なことは、できれば避けたいことです。

だから感情を感じないようにすることで自分を守っていることが良くあります。そうすると感情を止めていることになるので本当の感情がわからなくなっていても当然のことです。

でも避けることを続けていても解決はしていきません。本物の感情を感じることができて、初めて本物の感情のもつ力が発揮されるのです。

 

カウンセリングを通しながら、最初は本物の感情に目を向ける練習からでした。だんだん本物の感情がわかるようになり、カウンセラーさんに未消化の感情を感じることを助けてもらいながら、だんだんと自分の本当がわかるようになってきました。正直キツい作業です。それは今でも変わりないです。

自分の本当に気づいて、でも認めたくなくて、葛藤・・・でも認めざるをえなくなって、受け入れて・・・それを繰り返しながら自分の人生を楽しめるまでになってきました。

 

楽しいが増えると、日常生活の中に喜びを感じる瞬間が増えます。そうすると自然と幸せを感じる瞬間も増えます。喜びは、幸せを感じるための感情だからです(^^)

 

そして、〇〇していきたい!という自分の目標や夢が自然と出てきて、それに向かっていく楽しさもまた出てきます。そしてそうした仲間に自然と巡り合えていけるのです。不思議ですね・・・これは私の実感ですが、みなさんはどうでしょうか・・・

 

自分らしく ???


自分らしくって何?そもそも本当の自分って?生きる意味って?生きがいって?人生って?・・・わかりませんでした。

 

でも「インナーチェンジングセラピー(内面から変わる・性格を変えるカウンセリング)」に出会い、このカウンセリングを受けながら、学びながら、過去のしがらみや囚われから少しずつ解放されてくると、今の苦しみも少しずつ減ってきて・・・これが「楽」ってことなんだということを知りました。

 

自分にかけていたいろんな制限から少しずつ解放されてくると自分の感情がだいぶわかるようになり、 ”楽しい” もわかるようになり、やってみたいと思えることも少しずつ増えて、少しずつそれに挑戦できるようにもなってきて・・・そんな自分の変化にある時「やっと見つけた本当の自分」と思ったことを覚えています。

 

そして、少しずつ少しずつ自分の「こうしたい」「こうありたい」がはっきりしてきて、そうあれるようにもなってきて・・・自分は何を大切にどう生きたいのか・・・誰とどんな風に過ごしていきたいのか・・・そして自分の人生最期の時をどんな風に迎えたいのか・・・そんなことを自然と思い描けるようにもなって・・・やっと「自分らしく」いられる状態がどんな状態なのかもわかってきました。

 

このカウンセリングの最終的なゴールは  ”自律”  としています。

”自律する” とは・・・

 ・自分自身を管理すること

 ・自分の運命を決定すること

 ・自身の「思考・感情・行動」  すべてに責任をもつこと

 

でも、このカウンセリングに出会った当初「何・・・?苦しいのに助けてくれないんだ・・・」と印象は最悪でした。自分ではもうどうすることもできずお手上げ状態だった自分の人生をカウンセラーさんに何とかしてもらおうと思っていたからでした(^_^;)。

 

今では、カウンセラーさんは私自身の自律を見据えて支援してくださっていたことが良くわかります。だから、今もいろいろ悩んだり、苦しくなったりすることもありますが、そういったことを含めて自分の人生を楽しめています。

 

カウンセラーさんがいなかったら生きていけない・・・では困りますもんね。必要な時にSOSが出せて、必要なだけの支援を受けて、本来の自分を取り戻せたら卒業・・・そんな風にカウンセリングを活用していただけたらと思っています。

 

生きていればいろいろなことが起こります。こうしようと思っても上手くいかなかったり、どうしていいのかわからなくなったり、何かはわからないけれど生きにくかったり、何か物足りない感じがしたり・・・その他にも本当いろいろ・・・

 

そんな時、自分探しの場として、自分の人生の道しるべとして必要な時に必要なだけ ”ここ” を活用していただけたら嬉しいです。

自分に起こっている状況のカラクリや人との関係性のカラクリ、自分のこころの仕組みがわかるだけでも見える世界が広がります。

いろんな状況においての選択の幅も広がります。

 

本当の自分を見つけられ、自分らしく生きていけることを応援します。